株式会社ベーシック 株式会社ベーシック トップ会社概要アプリケーションソフトACP安全看視装置 ACP eyeDo
ケータイ快作ACPwebeyeDoケアノート(介護処遇記録システム)eyeDo受付案内システム
人材採用弊社の知恵袋リンクサイトマップ

ACP安全看視装置 入所者の徘徊,ベッド離床,トイレ異常を追跡し、大事故から防ぎます。

無料解説メールにつきましては当ページ下部に掲載しました。




介護施設関係者の皆様へ


 当社ホームページをご訪問いただき、たいへんありがとうございます。

 介護を必要とするお年寄りが大勢集まり、日々の介護に忙殺されている現場のたいへんさは、正直、私たちのようなソフトウェアの開発に従事している者には、それを実感としてとらえることはできません。

 きっと私たちの想像を遥かに超えたところにあるのだと思います。

 うわべだけの慰労の言葉をおかけするつもりはありません。

 ただ、私たちの身内にも施設にお世話になっている年寄りがおり、そのことにはとても感謝していること、またこれから施設にお世話になるかもしれない年寄りを抱えている者にとっては、施設の存在をとてもありがたく感じていることだけはご理解いただきたいと思います。

 そして、私たちは私たちで、自分たちの技能を生かしながら社会の役に立ちたいと日々考えていることも。

 いま介護現場には、

   ・ベッド上での身体拘束など、入所者の自由を拘束してはいけない。

   ・防災上、屋内からは鍵を使わずに開けられるようにしておく。

   ・カメラによる生活空間の監視はしてはいけない。


などの制限が設けられ、その中で、どうやって入所者の「自由」と「安全」を確保するのかと、考えるほど、あい矛盾する問題が存在していると思います。

 介護スタッフを容易に増やせないということも踏まえれば、問題解決はさらに難しくなります。

 
そんな現状に対して、当社では入所者の行動をやさしく見守り、かつ介護スタッフを支援するための「ACP安全看視装置」を提案させていただいています。
  
ACP安全看視装置
ACP安全看視装置はあなたのチームの一員です。
たとえば、このシステムは、

見えない場所で何かが起きた・・・その瞬間に、




・・

というメッセージをあなたにお届けします。
ACP安全看視装置は人にやさしいシステムです。
お問い合わせは
専用フォーム
ご利用ください。
 そのほかにも、

あなたが入所者のお世話をしている時に、
誰かが非常口から出ようとしています。
その瞬間に、

あなたが事務室でケアノートを書いている時に、
足が不自由なAさんが部屋から出ようとしています。
その瞬間に、


あなたがミーティングをしている時に、
トイレに入って30分も出てこない人がいます。
その瞬間に、

深夜1時、手薄な宿直体制の時に、
居住エリアを出て、通路をウロウロしている人がいます。
その瞬間に、



というように、施設の隅々まで見守り、

入所者と働く方々に、より確かな「安心と安全」を提供します。


ACP安全看視装置は、施設そのものを高機能な安全居住空間に変身させるシステムです。

この基本機能の概略につきましては、こちらの

ACP安全看視装置カンタン解説をお読みください。

Copyright (C) 2008 BASIC Corporation. All Rights Reserved
ACP,安全監視,徘徊,徘徊防止,警報,感知,介護老人,センサー,福祉施設,無断外出,施設内,危険行動,転倒事故,老人ホーム,グループホーム